シイレ編集長ブログ【仕入カタログ情報誌「シイレ」:健康美容EXPO】

健康美容仕入れカタログ情報誌【シイレ】:TOP > シイレ編集長ブログ > 健康

シイレ編集長ブログ・編集後記

シイレ編集長ブログ

取材時に感じたこと、シイレ制作スタッフの素顔、イチ消費者としての意見など…について、制作奔走の合間、“不定期”更新でアップしていこうと思います。

最近、医薬品のCMを見て疑問に感じること。

2009年6月15日

薬事法が改正されてから薬の販売方法だけでなく、
テレビCMなどにも大きな変化が現れていること、みなさんお気づきですか?
第1類、第2類の医薬品などはCMの最後に「薬剤師に相談を」という
クレジットおよびナレーションが入るケースが増えてきました。

第1類医薬品は薬剤師の説明を受けないと触ることも買うこともできなくなりましたが、
医薬品のコマーシャルではこの「第1類」を強調しているものが見受けられます。

医薬品はその副作用リスクなどに応じて第1~3類に分けられましたが、
キャッチコピーを見るだけでは「第1類だから効くんだ」という誤解を招きかねないのでは、
と感じてしまうのはわたしだけでしょうか・・・。

OTC医薬品全体のなかでは約4%がこの第1類医薬品なのだそうですが、
その4%しかない第1類医薬品のテレビCMばかりが目立ちます。
(ちなみに第2類は52%、第3類は44%)
販売できる場所が制限されたことと無関係ではないはずです。

「第1類医薬品が、クスリの常識を変える」というようなコピーは、
「すごく効くクスリだから薬剤師からしか買えないのね」という勘違いを生む可能性もある。
1、2、3(類)は効くか効かないかの順番ではないですし、
「価格が高い→効果がある」「安い→効果がない」ということでもないのです。
湿布薬新製品などにも第1類医薬品に分類されているものがありますが、
湿布を貼るだけで副作用の心配をしなくてはならないなんて、
今までまったく知らなかった・・・というヒトが多いのではないでしょうか?

改正薬事法についても販売方法や販売業態の変更ばかりにスポットが当たり、
医薬品の分類について詳しく取り上げるメディアが少ないことにも一因があると思います。

それにしても、消費者も販売者も戸惑うことばかりが目立ちますよね?

『日経ヘルス』や『日経WOMAN』にOTC医薬品ガイドブックが特別付録になっていましたが、
一般消費者にとっては、詳しい説明もなしにいきなり制度が変わった・・・という印象です。
健康美容の業界にいるわたしたちでさえ、断片的にしか認識していないのですから。

ウチの近所のドラッグストアは平日の19時までしか薬剤師がいないため、
事実上第1類医薬品の購入が難しくなってしまいました・・・これって不便! とは感じても、
「リスクのある医薬品の購入が制限されたのね、だから安全だわ」な~んて、
そんなふうに理解している一般ピープルがどの程度いるでしょうか。

OTCとは「over the counter」(カウンター上で、カウンター越しに)という意味なので、
薬剤師や登録販売者などの専門家を通して買うことが本来の意味に近い。
今までのように無人販売で副作用のリスクが高いクスリが買えていたこと自体、
消費者にとって危険だったんだ・・・ということなんでしょう。

今秋には消費者庁の設立を控えていますが、医薬品・健康食品には課題が山積。
「副作用による健康被害の可能性がある」「健康被害の可能性は低いが注意が必要」
といったリスクについてメーカー側が情報を開示していくと同時に、
消費者に正しい知識を提供していくことも、また急務なのではないかと感じます。
でないと、消費者行政は"クレームの嵐"で大混乱に陥りかねないと思いませんか?

わたしも"イチ消費者"としてもっと勉強していかなくてはいけないな、
と実感している今日この頃でございます。

カルシウム補給で効果的なダイエットができる!?

2009年3月25日

米国サプリメントのメルマガで、面白い情報を得ました。
「ScienceDaily」というサイトに掲載されている記事の中に、

【カルシウム補給を強化すると効果的なダイエットが実現できる】

というものがあった、というトピックを発見。
ニュースは3月19日付ということだったので早速検索してみると、
Diet Rich In Calcium Aids Weoght Loss In People With Calcium Deficient Diets
という記事が見つかりました。

ダイエットで極端な食事制限をすると、慢性的なビタミン・ミネラル欠乏状態になります。
その中で「カルシウム」が不足していると減量しにくいことがわかった・・・という内容。

カナダLaval大学のTremblay教授が肥満女性を対象に行なった
15週間のダイエットプログラムで被験者を2グループに分け、

・1日に1200mgのカルシウムサプリメント摂取
・プラセボ(偽薬)摂取

という二重盲検テストをしたそうです。
15週間後の結果はというと・・・

・カルシウム補給グループは平均6kgの体重減少
・プラセボグループは平均1kg程度の体重減少

という、驚きのデータが得られたというのです!
同じプログラムに沿って減量ダイエットをしているのに、ですよ。

Tremblay教授によれば、
「カルシウム不足を脳が感知すると、それを補うために栄養吸収促進の指令を出す」
「カルシウムが充足していると、"食べたい"という欲求を抑える働きがある」
ということらしいのですが・・・。

高含有マルチビタミンミネラルは欠かさず摂っていますが、
この「カルシウムがダイエットの決め手」という説には大いに興味を抱きました。
もちろん食べまくってしまえば、「カルシウム摂取」もへったくれもありませんが(笑)。

クリニックの先生を取材する時に、ちょっとこの話を聞いてみようと思っています。

※あくまでも米国発のニュースであり、日本で検証されたものではありません。



あのシュウウエムラの植村秀氏が設立したサプリメントメーカーとの出会い

2009年1月31日

シイレ春号「健康・美容商品売れ筋ランキング」の記事取材で、
いつもコメントをいただいているヘルス・ファミリーの水口さんに
ランクインした健康食品のなかで何か気になるサプリメントはあるか聞いたところ、
「イムダインさんのサプリメント、売り場でもよく出ますけど、
学会などでお医者さんたちが"否定のしようがない"というほど、
さまざまなエビデンスをお持ちだと聞いています」
と教えてくださいました。

"エビデンス"といっても医療機関で治験されたものから、
モニタリングによる効果測定まで幅広く含まれるため、
普段あまり過大な期待をしないようにしているのですね。
でも臨床検査技師の水口さんが褒めるのだから、
きっとしっかりとしたコンセプトで開発された
サプリメントなのだろう...と興味がわいてきた。
もうこれはお話を聞きに行くしかない! ということで、
早速イムダインさんにお邪魔してしまいました。

イムダインという会社はシュウウエムラ創業者である
植村秀さんが2002年に設立した会社で、社名には
"IMMUNE(免疫)+DYNAMISM(活力)"
という意味が込められているそうです。
現在の社長である本多理学博士は長年製薬会社で研究に携わり、
植村氏とともに商品開発を手掛けてきた方。
専門家としてエビデンスを重視するのは当然のことですね。


イムタスBPハーブティーとリフォルテシイレ売れ筋ランキングにランクインしている
『イムタスBPハーブティー』と『イムタスBPタブレット』は
"宮古ビデンス ピローサ"(タチアワユキセンダングサ)という
沖縄・宮古島自生のハーブを主原料としたサプリメント。

30種類以上のポリフェノール(抗酸化成分)を含み、
抗アレルギー・抗酸化・抗炎症作用・血流促進...など、
多くのエビデンスが確認されているとのこと。
医療機関における知見や改善事例が紹介されていて、
水口さんの言う"否定しようのないエビデンス"とは
このことか...と納得してしまいました。
(写真:左が『イムタスBPハーブティー』。
ビデンス ピローサにショウガと大麦も配合。
右はイムダインさんの人気商品、『リフォルテ』。
30種類以上の有用成分が入った栄養機能飲料。)


ちなみに宮古ビデンス ピローサ含有製品は、
イムダインの研究開発パートナーでもある
武蔵野免疫研究所が開発されているそうです。
もともとは除草の対象となる雑草だったものを、
無農薬・緑肥のみで栽培し独自製法で加工。
サプリメントのほかにお茶やクリームもあるとのこと。

ビデンス ピローサ健康美容業界で何年かお仕事させていただいていますが、
まだまだ知らないことばかり...というか、
自分が知っていることのほうが少ない。
植村秀さんがサプリメントメーカーを設立されていたなんて。
もちろん"ビデンス ピローサ"も初めて知ったもの。
新しいものやこと、ヒトとの出会いは、
いくつになってもワクワクするものですね。
(写真: 白くてカワイイ花を咲かせるビデンス ピローサ。
キク科の植物で、宮古島での別名は"ムツウサ"。)


「今年こそ発症するか!?」とシーズン到来のニュースを毎年
ドキドキしながら聞いているのですが、
花粉症などのアレルギーにとてもいいみたいです。
わたしは「ダイエットにもいい」というコメントを読み、
いただいたハーブティーを飲んでおります...。

5ФΥʡˡĴɡ

2009年8月21日

᡼
ƶȳΥ󥰥ӥ塼ƥ

プロフィール

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

健康美容仕入れカタログ情報誌【シイレ】:TOP > シイレ編集長ブログ > 健康

健康業界・美容業界の仕入れ専門誌「シイレ」に関するお問い合わせ
Copyright© 2005-2009 健康美容商材カタログ情報誌 シイレ [全研本社(株)] All Rights Reserved.